top of page
  • juju925

なりたい自分を想像する



私たちは注意を向けるものになっていく

- エピクテトス (古代ギリシアのストア派哲学者、50年-135年)-


なりたい自分を見つける

子供の時はすらすら出てきていたけれど、大人になると答えに詰まってしまうものです。何になりたいんだろうと悩む人もいるでしょうし、いまさら夢なんて見てないで現実を見据えなくちゃと思う人もいるかもしれません。


でもここで言いたいのは、文系の私がスペースシャトルの設計士になる夢をみる、というものではなく、この先六か月、一年、三年、または十年先にどのようになっていたいかということなのです。


もしかしたらあなたは幼稚園の先生かもしれませんし、プログラマーかも、もしくは事務職についているかもしれません。専業主婦または主夫であるかもしれませんね。しなければならないことをこなしているだけで、毎日はあっという間に過ぎてしまいます。だから、「先のことなんて考えている暇なんてないよ」とか「明日時間があったら考えるよ」って思うかもしれませんが、そんな「明日」を七日貯めると一週間になって、それを三十個貯めると一ヶ月になります。私の場合、明日こそ時間を作ってしようと思っていた書類作成は、やろうと思った日から十ヶ月経ってしまいました。


だからあえて聞きます。今していることを一年先、三年先も続けていたいですか?今と全く同じ毎日を五年先も続けていきたいですか。もしも答えが「NO」ならば、休憩時間のコーヒーを片手に、一年先のありたい自分の姿を想像してみてください。資格を取ってスキルアップできるかもしれないし、何かあなただけができるプロジェクトを始めたいかもしれません。


自分のケーキ屋を持ちたいなといつも言っているのに、毎日服の作り方の研究ばかりしているとしたら、本当になりたいものはなんなのでしょう。「私たちは注意を向けるものになっていく」という古代ギリシアの哲学者の言葉が本当なら、私たちが日々注意を向けているもの、ついつい目を止めてしまうものに着目すると、あなたが本当にしたいことを見つける鍵になるかもしれませんね。


また逆に、キャリアアップのために資格を取ろうと考えているのなら、資格に関連することに意識的に目を向けていくことも助けになるのかもしれません。


私は子供が生まれてから、それまでずっと続けていた日記と読書をやめてしまいました。でも数年経った今、その習慣が実は私の頭の中をオーガナイズする大きな助けになっていたことに気づいたのです。以前のように好きな時に好きなだけの時間を費やすことはできませんが、まずは手帳と本を持ち歩くことから始めました。目が届くところにあれば、意識するようになるかなと思ったのです。そして今は、ちょっとした待ち時間などに一行書いたり、一段落読んだりしています。以前のように一週間で本を読み終わることはないけれど、この数年一冊も読めなかったことを考えると、数ヶ月で一冊はそう悪くないのではないでしょうか。


あなたが今、日々目を向けているものはなんですか。何に時間を費やしていますか。それはあなたの向かいたい方向と一致していますか。


では、また。アディオース!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page